一般社団法人IT人材育成協会

Association for IT Human Resources Development

banner05

OJL(On the Job Learning)の定着と実践

 一般社団法人IT人材育成協会(ITHRD)では、IT人材自身が主体的に学ぶことを支援する指導的人材を「ラーニングファシリテータ」と名付け、ラーニングファシリテータを育成するための研修を行っています。

 もともとは、教育事業者や企業の教育部門で育成に携わる人を対象にしていた「ラーニングファシリテータ研修」でしたが、「職場において指導的立場にいる人が身に付けるべき学習内容である。」とのご意見をもらい、対象層を現場において指導的立場の人も加えることになりました。

 職場において指導することは、これまでOJT(On the Job Training)と言われてきました。しかしながら、このOJTが実際にはうまく機能できていない、という課題を持つ企業も少なくありません。

 そこでITHRDでは、OJTが抱える問題を整理した上で、新たにOJL(On the Job Learning)という概念を定義して、その定着と実践に取り組むことにいたしました。

 このテーマは、NPO法人「ITスキル研究フォーラム(iSRF)」のメールマガジンで毎月コラムを投稿している私の「人財育成のツボ」とも連携させ、2014年5月より毎月iSRF通信コラムの投稿、そのテーマに合わせたITHRD「OJLの定着と実践」への展開と進めて参ります。

 企業の現場において主体的に学び成長する人材が増えることを願うとともに、その学びを支援するラーニングファシリテータとしての活動が、現場の指導者自身の大いなる学び・成長につながることを期待して取り組んでまいります。

 自職場の状況を踏まえ、感じられたことをご意見として頂戴できれば幸いです。

PSマネジメントコンサルティング

代表   安藤 良治

これまでの関連記事・コラム

ITHRD会長 加藤 正彦   「OJTからOJLへ」
iSRF通信2014年3月号   「 OJTを機能させることが全社的なテーマ」
iSRF通信2014年4月号   「 新時代の徒弟制度、OJL(On the Job Learning)の定着と実践」
iSRF通信2014年5月号   「(1)成人を育てる-成人学習-」
iSRF通信2014年6月号   「(2)指導内容の計画-教案設計-」
iSRF通信2014年7月号   「(3)ラーニングオブジェクトを定義する」
iSRF通信2014年8月号   「(4)学習の組み立てガニエの9教授事象」
iSRF通信2014年9月号   「(5)学びたくなるARCS動機付けモデル」
iSRF通信2014年10月号 「(6)ストーリーボードの作成」
iSRF通信2014年11月号 「(7)双方向コミュニケーション」
iSRF通信2014年12月号 「(8)プレゼンテーション」
iSRF通信2015年1月号  「(9)学習を評価する」

【お問合せ先】

〒103-0013
東京都中央区日本橋人形町1-8-4 東商共同ビル7階
(株)コラボレート研究所内
一般社団法人 IT人材育成協会(ITHRD)事務局
OJL推進ラーニングファシリテータ育成係
TEL:03-5847-8973 FAX:03-5847-8971
EMAIL:ojl-lf@ithrd.jp ※@は半角に置き換えて下さい。

【OJL(On the Job Learning)の定着と実践】 

iSRF通信コラム5月号

「(1)成人を育てる -成人学習-」~成人学習~

seizingakusyu1

*上記画面をクリックしてください。画面が拡大致します。(PDF)

【OJL(On the Job Learning)の定着と実践】 

iSRF通信コラム6月号

「(2)指導内容の計画-教案設計-」

iSRFkyouansekkei

*上記画面をクリックしてください。画面が拡大致します。(PDF)

【OJL(On the Job Learning)の定着と実践】 

iSRF通信コラム7月号

「(3)ラーニングオブジェクトを定義する

iSRFLearningObject

*上記画面をクリックしてください。画面が拡大致します。(PDF)