一般社団法人IT人材育成協会

Association for IT Human Resources Development

banner06

ラーニングプロフェッショナル育成の背景と目的  

【背景】

 多くの企業では人材育成が重要だと言われていますが、実際に効果を上げている企業は少ないのが現実です。

 要因のひとつに育成担当者の方の人材育成に対する知識、経験が少なく、専門家として人材戦略から育成、投資効果までを経営に対して具体的に提言できていない現状があるのではないでしょうか。

 人材戦略策定から人材育成体系の策定、コース設計、研修の実施から評価までのプロセスと知識体系については、IPAエデュケーション委員会から、「人材育成プロセスと知識体系」として公表されています。

人材育成プロセス   人材育成知識体系  IPA(独立行政法人 情報処理推進機構)

【目的】

 ITHRDでは従来から実施してきました、インストラクター資格制度を改め、ITSSエデュケーション職を規定したラーニングプロフェッショナルの認定制度を制定し、実施します。

 知識体系を基本にして、学習に関する理論と技術の基礎知識を学び、学習コース設計から学習者が自ら学ぶことを支援する人材、「ラーニングファシリテータ」を育成する研修を作成しました。

 インストラクター職だけに留まらず、育成のプロフェッショナルとしてのキャリアパスを明確にし、レベルの向上と自立した職業の確立を図るものです。